松たか子『カルテット』がギャラクシー賞に!坂元裕二が緩急自在の物語を展開

TBSで1月期に放送された連続ドラマ『カルテット』が、ギャラクシー賞3月度月間賞を受賞したことがわかった。

本作は、冬の軽井沢を舞台に、弦楽四重奏団を組んで共同生活を送る真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)が繰り広げる、大人のラブストーリー×ヒューマンサスペンス。実力派俳優4人が織りなす絶妙な会話劇が、大きな話題を呼んだ。

受賞理由を示した選評、土井裕泰プロデューサーのコメントは以下の通り。

<選評>
2011年の坂元裕二脚本『それでも、生きてゆく』と同様に、欠落や空洞を抱えた不完全な人間が、どうやって人とつながり「人生やり直すスイッチ」を押さずに、前を向いて生きてゆくかを描いた素晴らしい作品。俳優たちの演技もとてもよく、間違いなく今期最高作。行方不明だった真紀の夫(宮藤官九郎)がひょっこり現れ、夫婦の絆を取り戻してエンディングと思いきや、もう一段あっと言わせる謎が隠されているなど、脚本家・坂元裕二が緩急自在の物語作りを展開した。

<土井裕泰プロデューサー コメント>
人生への示唆とウィットに満ちた坂元裕二さんの素晴らしい脚本に、見事に血を通わせてくれた松さん、満島さん、高橋さん、松田さんをはじめとする俳優陣と、唯一無二のドラマの世界を創り出してくれたすべてのスタッフに心より感謝いたします!


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事