タダで滑り放題の「スキー場」の真相とは?

4月20日の『所さん!大変ですよ』(NHK総合、毎週木曜20:15)は、「タダで滑り放題!?お得すぎるスキー場の秘密」と題して放送。同番組は、社会の片隅で起きている小さいけれど見過ごせない“事件”の数々。その、意外な真相をMCの所ジョージらとともにあぶり出すバラエティー。

今回の舞台は“土日も完全無料で開放しているスキー場”。その真相を探るべく取材班が向かったところ……。タダなら、さぞ混んでいると思いきや、現場に行っても客はまばら。いったい何が起きているのか?

このスキー場、実はリフトが動いておらず、売店も閉店している。それでも「営業中」だという。スキー場を運営している町役場で理由を聞くと、「国定公園内に作ったスキー場だから」という謎の答えが返ってきた。調べてみると、高度経済成長期以降、各地の国立公園や国定公園に作られた「施設」が廃れてしまい、廃墟になったところまであるという。そんな中、環境省は国立公園を舞台に新たなプロジェクトを始動していた。日本の“自然公園”はどうなるのか?


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事