ソニー、重低音強化&ライティングが楽しめる防水Bluetoothスピーカー

ソニーは4月19日、「EXTRA BASS」シリーズのワイヤレススピーカー「SRS-XB40」「SRS-XB30」「SRS-XB20」「SRS-XB10」を発表した。XB10以外は2枚のパッシブラジエーターを搭載し、迫力ある重低音を実現している(XB10は1枚)。発売は5月13日。価格はオープン。

推定市場価格(税別)は以下の通り。

  • XB40: 24,000円前後
  • XB30: 19,000円前後
  • XB20: 13,000円前後
  • XB10: 9,000円前後

XB40

XB30

XB20

XB10

XB40

XB40は、61mm径のスピーカーユニット×2基を搭載したBluetoothスピーカーだ。DSPに新開発の低域増強機能を追加し、小~中音量での音質を改善、自宅で大音量が出せない場合にも向いている。また、パンチンググリルの目を大きくすることで、音がより広がるよう改善した。アンプにはフルデジタルの「S-Master」を内蔵。本体の「EXTRA BASS」ボタンを押すことで、さらに低域を増強することもできる。

XB40

ライティング機能を搭載しており、音楽に合わせて12種類の光り方を楽しめる。ライトは、ラインライト(マルチカラー)、ストロボフラッシュ、スピーカーライト(ホワイト)の3種類を装備。また、XB40のみ新アプリ「Fiestable」を利用可能で、ライティングの調整や、画面をタップして操作する簡単なDJ機能を利用できる。また、ソニーの音楽アプリ「Music Center」にも対応。こちらでは音楽の再生/停止、イコライジング機能などを操作可能だ。

ライティングのイメージ

アプリ「Fiestable」でライティング調整やDJ機能を操作できる

2台のスピーカーをつないでステレオ再生する「Speaker Add」機能や、10台までのスピーカー(XB40、XB30、XB20間なら異なる機種も可)を同時に鳴らす「Wireless Party Chain」機能を搭載。IPX5相当の防水性能を持ち、アウトドアシーンやお風呂でも使用できる。

バッテリー駆動時間は約24時間。Bluetoothの対応コーデックはSBC、AAC、LDAC。重量は約1,500g。カラーはブラックのみ。

XB30

XB30

XB30のスピーカー構成は48mm径×2基で、ライトはラインライト(マルチカラー)とストロボフラッシュの2種類を装備。アプリは「Music Center」に対応するが、「Fiestable」は利用できない。重量は約980g。その他の仕様はXB40とほぼ同じだ。カラーはブラック、オレンジレッド、ブルー、グリーンの4色。

XB20

XB20

XB20は42mm径のスピーカーユニットを2基搭載。ライトはラインライト(マルチカラー)を備えている。重量は約590g。その他の仕様はXB30とほぼ同じ。カラーはブラック、オレンジレッド、ブルー、グレイッシュホワイト、グリーンの5色。

XB10

XB10

XB10は、46mm径のモノラルスピーカーを1基搭載。ライティング、Wireless Party Chain、アプリ対応、LDAC対応などの機能は省略している。付属ストラップを使うことで、横置きも可能。カラーはブラック、オレンジレッド、ブルー、グレイッシュホワイト、グリーン、イエローの6色。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事