加藤綾子、"母親願望"語る「その夢はいつも近くに」- 時期は「身を委ねて」

フリーアナウンサーの加藤綾子が18日、東京・松屋銀座で行われた「誕生15周年記念 くまのがっこう展」のオープニングイベントに、作者のひろゆき氏、あだちなみ氏、主人公のくまの女の子・ジャッキーと共に登場した。

加藤綾子アナウンサーとジャッキー

あいはら氏(文)とあだち氏(絵)の2人によって2002年に誕生した、累計発行部数210万部を超える絵本シリーズ「くまのがっこう」の誕生15周年を記念した同展。加藤アナは「ジャッキーの世界観がギュッと詰まっていて、15周年が一気に見られる贅沢感を感じました。一枚一枚読んでいてキュンキュンしました」と興奮気味に語った。

子供が大好きで中学と高校の音楽の教員免許を取得している加藤アナ。「いつか自分の子供にも絵本を読んであげたいという夢は?」と聞かれると、「もちろんあります」と即答し、「いつかお母さんになりたいという思いはあるので、そうなった時にはたくさん絵本を読んであげたいですし、世界観を共有できることがすごくいい思い出になるんだろうなと思います」と母親願望を語った。

いつ頃までに子供がほしいか聞かれると、「20代前半の時は25、6歳かなと思っていて、すべて自分の想像を超えているのでどうなるかわからないんですけど」と前置きした上で、「タイミングが合えば自然の流れでくると思うので身を委ねています」と返答。「でも、なるべく近いというか、いつもその夢というのは近くにある」と希望を語った。さらに、性別や人数の理想を聞かれると、「男の子でも女の子でも、どちらのかわいさもあるのでどちらでも」「最初は1人にじっくり読み聞かせてあげたい」と話した。

「誕生15周年記念 くまのがっこう展」は松屋銀座にて4月19日~5月8日に開催。初公開となるシリーズ誕生前の貴重なアイデアメモやラフスケッチ約20点に加え、最新作『ジャッキーのしあわせ』を含むシリーズ全15作品から選りすぐりの絵本原画約200点を一挙に展示し、展覧会のために描き下ろした原画や創作風景の映像なども初公開する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事