[西田敏行]7年ぶり「釣りバカ」“映画館上映”に感慨無量 濱田岳も大感激

連続ドラマ「釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助」の第1話完成披露試写会に出席した濱田岳さん(左)と西田敏行さん

 俳優の濱田岳さんと西田敏行さんが18日、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)で行われた連続ドラマ「釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助」(テレビ東京系)の第1話完成披露試写会に出席。同作は映画にもなった人気マンガが原作の連続ドラマ第2弾で、「釣りバカ日誌」シリーズの新作が映画館で上映されるのは、2009年の映画「釣りバカ日誌20ファイナル」以来約7年ぶり。映画版で主人公のハマちゃんを演じ、ドラマでは引き続き社長のスーさんを演じる西田さんは「このステージでテレビシリーズ第2シーズンを上映して、ごあいさつさせていただけて、幸せの限りです。感慨無量です」と感激した面持ちで語った。

 映画館での舞台あいさつということで、西田さんは「ここで三國(連太郎)さんと2人で立たせていただいて、私はそのときハマちゃん、三國さんがスーさんで……」と当時を振り返り、「控室で『すみません、ちょっとおトイレ行っていいですか?』といつも言うのが三國さんのいつもの口癖でしたけど、私も今(さっき)トイレに行きましてね。なんか三國さんが降りてきたんじゃないかって思うくらい急に尿意を感じて」と話して会場の笑いを誘った。

 一方、「釣りバカ日誌」は憧れの作品という濱田さんは「ドラマで復活すると聞いて西田さんと共演できるだけでも幸せなのに、浜崎伝助(ハマちゃん)をやらせてもらえて、新しいスーさんには西田さんがいて……。新しいメンバーで作っていくことができて、それだけでも幸せなのに、皆様のお声でシーズン2ができることになって。日々撮影をしていて、とっても幸せ」と感無量の様子。「今日こうやって憧れの『釣りバカ日誌』の試写会に立てている、そして客席を満員にさせていただいている。みんなに夢をかなえていただいたなと思ってとても幸せです」と感極まった様子で瞳を潤ませた。

 西田さんも「(釣りバカ日誌が)このような形でどんどん発展していって、シーズン2ということでうれしさと感慨深いものが込み上げてきます。こうなったら、この『釣りバカ』が永久に続いていってくれたらいいなと思うくらいの気持ちです。2代目鈴木一之助(スーさん)を全うしていきたい」と語った。この日の舞台あいさつには広瀬アリスさん、吹越満さんも登場した。

 「釣りバカ日誌」シリーズは、やまさき十三さん作、北見けんいちさん画のマンガが原作で、1988~2009年に西田さんと三國さんのコンビで映画シリーズ22作が製作された。テレビドラマは15年10月期に放送され、17年1月2日にスペシャルドラマも放送された。ドラマの新シーズンでは、マイペースぶりに磨きがかかってきた入社3年目の“新米社員”ハマちゃんが巻き起こす騒動を描く。21日から毎週金曜午後8時放送。

 


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事