[明日のひよっこ]4月19日 第15回 三男と時子、強い思いを胸に走る! アンカーのみね子は…

奥茨城村・聖火リレーコースにて。時子(佐久間由衣さん)からの聖火を待つみね子(有村架純さん) (C)NHK

 有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」は第3週「明日(あす)に向かって走れ!」を放送。19日の第15回では、奥茨城村での聖火リレー開催が決まり、みね子(有村さん)と時子(佐久間由衣さん)、三男(泉澤祐希さん)は準備で大忙しの日々を送る。いよいよ本番、強い思いを胸に抱いて走る三男や時子。そしてトーチはアンカーのみね子へと渡され……。

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、「ちゅらさん」などの脚本家・岡田惠和さんのオリジナル。大家族の農家に生まれ、のんびりした少女に育った谷田部みね子が、出稼ぎで東京に行っていた父が行方不明になったことをきっかけに、集団就職で上京する……というストーリー。高度経済成長期に集団就職で上京した“金の卵”が、殻を破って成長していく姿を描く。

 第2週「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」では、みね子の同級生の三男が「東京に行く自分が奥茨城で生きていた証しを残したい」と奥茨城村で独自の聖火リレーを計画する。一方、実(沢村一樹さん)宛てに送ったはずの郵便が戻ってきてしまい、不安を抱く美代子(木村佳乃さん)は、心配かけまいと子供たちに“ウソをつき”、一人で東京に向かうが、実の行方は分からず……という展開だった。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事