新入社員とのギャップ、先輩社員の64.8%が「感じたことがある」

 

保険クリニックは4月17日、かつて新入社員だった社会人を対象とした「今どきの新入社員についてのアンケート調査」の結果を発表した。 調査期間は3月30日~4月4日、有効回答は25~50歳の有職者600人。

感じたギャップ、「仕事に対する考え方」が最多

新入社員と価値観や世代の違い(ギャップ)を感じたことはあるか尋ねたところ、64.8%が「ある」と回答。感じたギャップは「仕事に対する考え方」が35.7%と最も多く、次いで「言葉遣い」が34.5%、「一般常識」が33.3%と続き、「全て」という人も2%いた。このうち仕事に関する考え方では、「自分で考えて行動しない」「言われたことしかしない」「残業しない」といった声が寄せられた。

どの様なことに価値観や世代の違い(ギャップ)を感じたか

新入社員の行動にびっくりしたことがある人は31.3%。具体的には「お客様や上司にタメ口」「怒ったら逆切れされた」などが挙げられ、中には「上司の言い分に納得できなくて、母親連れで抗議しにきた例もあった」(同社)という。

新入社員の「ここが良かった」と思ったことがある人は28.2%。具体的には「素直」「明るい」「真面目で勤勉」「フットワークが良い」などが挙げられた。

自分は新入社員の頃と比べて成長したと「思う」人は55.7%。年齢別にみると、50歳が65.7%と最も多く、以下、40代57.1%、30代51.9%、20代41.7%と続いた。

新入社員の頃と比べて成長したと思うか

新入社員へのアドバイスを聞くと、過半数の56.0%が「コミュニケーション力を養う」と答え、次いで「人脈づくり」が26.8%、「文章力を養う」が21.7%となった。

新入社員のうちにやっておいた方がいいこと

関連キーワード

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事