別府市、動画再生回数100万回到達の公約「湯~園地」数量限定チケットを販売開始

大分県別府市は、同市内で約90年の歴史を持ち、あひるの競争が名物で温泉がある遊園地ラクテンチで2017年7月29日~7月31日の3日間「湯~園地」を再現する。


同企画は、同市が昨年11月に“遊べる温泉都市構想”の取り組み第一弾として世界初の“再生数連動型公約ムービー”としてYouTube上で「湯~園地」計画の動画を公開した。


公約としていた動画の再生回数100万回には公開4日目で到達。同企画の実現内容の策定にあたっては、クラウドファンディングサイトCAMPFIREなどを通じて入園チケットなどを特典とした支援者募集をおこなった。


同サイトを通じて集まった支援金は、今年の2月10日~4月10日の2ヶ月間に総額33,966,585円を達成。そのほか実現にむけて、別府市に直接の寄付金なども寄せられたのとのこと。


動画で登場した「架け橋かけ湯」や「温泉ミストアストロファイター」、「温泉スライダー」、「特製ブレンド温泉」、「温泉メリーゴーランド」、「TOWA TEI SelectBGM」に加え、新規決定の「湯~列車」、「別府屈指の人工知能OUによる、あひるの徒競走的中パフォーマンス」など全8アトラクションの実施が決定。


また、4月12日より「湯~園地」公式サイトがオープン、入園チケットの販売を開始した。入園券類総数は各日とも限定3,000名まで、入園料は8,000円から(大人1名、小学生以下1名)。


詳細等は、同企画公式サイトを参照のこと。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年7月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事