PHP 7.1/7.0 最新版登場 - バグ修正リリース

PHPデベロップメントチームは4月13日(米国時間)、「PHP: Hypertext Preprocessor」において、それぞれの系列の最新版となる「PHP 7.1.4」および「PHP 7.0.18」の公開を伝えた。これらはバグ修正を目的としたリリースで、PHPデベロップメントチームはPHP 7.1系のユーザーおよびPHP 7.0系のユーザーに対してそれぞれの最新版へアップグレードすることを推奨している。

今回のリリースにPHP 5.6系は含まれていない。PHPデベロップメントチームは1月19日(米国時間)に公開したPHP 5.6.30をバグ修正を実施するPHP 5.6系の最後のバージョンとしてリリース。以降、PHP 5.6系に対してバグ修正が取り込まれることはなく、脆弱性の修正を目的としたリリースのみが向こう2年間にわたって提供される予定になっている。バグ修正の取り込みを望む場合にはPHP 7系へアップグレードすることが推奨されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事