キリン、自動販売機に「LINE」をかざすとポイントがたまるサービスを開始

田中省伍

キリンビバレッジバリューベンダーとLINEは、4月13日より首都圏を中心に、自動販売機に「LINE」をかざすとポイントがたまるサービス「Tappiness(タピネス)」を開始することを発表した。これにより、ポイントと飲料の交換や、LINEの「友だち」への特典チケットプレゼント、「LINE Pay」による1タップ決済が可能になる。

左:【タピネス対応自動販売機】右:【タピネスロゴ】

「タピネス」は、スマートフォンを「tap」して「happy!」になってほしいという願いをが込められた造語だという。この仕組みは、自動販売機にビーコン端末(周辺機器をワイヤレスで使える近距離通信規格のBluetoothの発信機)を接続し、コミュニケーションサービスである「LINE」およびその関連機能を活用することで実現した。

購入ごとに1ドリンクポイントが付与され、15ドリンクポイントがたまると、自動販売機で好きな飲料と無料で交換可能な特典チケットが付与される。特典チケットは、「LINE」の「友だち」へプレゼントすることが可能だ。「LINE」上で展開するスマホのおサイフサービス「LINE Pay」による決済も可能となるが、電子マネー対象機では利用できない。

ドリンクポイントサービス

なお、本サービス開始を記念し、「タピネス」を初めて利用するユーザーへ10ドリンクポイントをプレゼントする。今後もユーザーが楽しめるキャンペーン実施を予定している。

本サービスは4月13日より首都圏(東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県)、近畿圏(大阪府 京都府 兵庫県)で開始。17年夏以降は、それ以外の全国主要都市部でも順次展開し、サービス開始から1年で20,000台の対応を見込む。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事