ASUS、ARとVRに対応した「ZenFone AR」を国内発表 - 最上位は税別99,800円

ASUS JAPANは4月13日、GoogleのAR(拡張現実)技術「Tango」と、モバイルVR(仮想現実)技術「Daydream」に対応した世界初のSIMフリースマートフォン「ZenFone AR (ZS571KL)」を発表した。メモリ8GB、ストレージ128GBの「ZS571KL-BK128S8」(推定市場価格:税別99,800円前後)とメモリ6GB、ストレージ64GBの「ZS571KL-BK64S6」(推定市場価格:税別82,800円前後)の2機種を、2017年の夏より発売開始する予定だ。

ZenFone AR

CPUには、「Tango」に最適化されたQualcomm Snapdragon 821を採用。同社によるとスマートフォンとしては世界初となる8GBのメモリに、高速なUFS 2.0規格の128GBストレージを搭載する(ZS571KL-BK128S8)。また、ディスプレイには5.7型2K(2,560×1,440)解像度のSuper AMOLEDディスプレイを採用するなど、Androidスマートフォンとしては最上位クラスのスペックを備える。

ZenFone ARは、モーショントラッキングカメラ、深度カメラ、メインカメラの3つの背面カメラで構成される革新的なTriCam(トライカム)システムを搭載。現実世界の情報を認識し、仮想世界に取り込み、ARを体験できる。さらに、付属の「組み立て式VRメガネ」により、「Daydream」も利用可能で、VRコンテンツも楽しめるという。

付属の組み立て式VRカメラ

このほか、ハイレゾ対応イヤホン「ZenEar」、本体背面をガードする「クリアケース」が標準で付属。追加のアクセサリを購入することなく、AR/VRを気軽に体験することが可能だ。

付属の「クリアケース」

また、ZenFone AR本体の両面を保護できる別売の純正アクセサリー「ZenFone AR (ZS571KL) 専用 View Flip Cover」も、製品と同時に発売される予定となっている。

純正アクセサリー「ZenFone AR専用 View Flip Cover」

ZenFone AR (ZS571KL)の基本スペックは下記の通り。

  • OS: Android 7.0
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 821(クアッドコア、2.35GHz)
  • 内蔵メモリ: 8GB(ZS571KL-BK128S8)/6GB(ZS571KL-BK64S6)
  • ストレージ: 128GB(ZS571KL-BK128S8)/64GB(ZS571KL-BK64S6)
  • 外部ストレージ: microSDXC/microSDHC/microSD
  • サイズ: W77.7×H158.98×D4.6~8.95mm
  • 重量: 約170g
  • ディスプレイ: 5.7インチSuper AMOLEDディスプレイ
  • ディスプレイ解像度: 2,560×1,440ピクセル
  • メインカメラ: 2,300万画素
  • サブカメラ: 800万画素
  • バッテリー容量: 3,300mAh
  • FDD-LTE: B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28
  • TD-LTE: B38/B40/B41
  • W-CDMA: B1/B2/B5/B6/B8
  • GSM / EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz
  • Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac
  • Bluetooth: 4.2
  • インタフェース: USB Type-C×1
  • 指紋認証センサー: 搭載
  • カラー: ブラック
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事