Googleが機械学習ベースのイラストツール公開、適当に描いた絵もプロ仕様に

米Googleは、ユーザーが描いたイラストの内容を分析し、同じ内容を描いたイラストに置き換える機能を備えた機械学習ベースのイラストツール「AutoDraw」を公開した。

適当に描いたイラスト(左)の内容を分析し、上部の「サジェスチョンツール」に候補を表示。任意のアイコンをクリックすると、イラストが差し替わる(右)

Googleの検索バーにあるサジェスト機能と似ており、ユーザーが図柄を描いていく中で、同じ内容だと判断された図柄を示したアイコンが、上部に置かれたバー「サジェスチョンツール」に次々と提案されていく。自動で表示(サジェスト)されたアイコンをクリックすると、イラストが該当アイコンの内容に差し替わる。サジェストされる図案には、デザイナーやイラストレーター、アーティストが描いたものも用意され、手軽に整ったイラストを作成することができる。

「AutoDraw」では、サジェスト機能を備えた「AutoDraw」のほか、単にイラストを描くことができる「Draw」や、文字入力機能、図形が生成できる「Shape tool」なども備える。使用する色はピッカーにより変更可能。描いたイラストに色を塗ることもできる。

完成したイラストは、PNG形式でダウンロードできるほか、URLのコピーや、Twitter、Facebook、Google+でのシェアも可能。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事