江戸の旅人気分を満喫!地図アプリ「浮世絵で歩く日本の名所」がリリース

早稲田システム開発はこのほど、地図を利用して、描かれた場所を訪ねながら浮世絵を楽しむことができる無料アプリ「浮世絵で歩く日本の名所」をリリースした。


同アプリは、風景が描かれた浮世絵を、おおよその場所を特定する情報を地図へとプロットすることで、街の中を歩きながら浮世絵に親しむという楽しみ方を提案するもの。


地図上に表示されたピンをタップすることで、その場所を描いた、または、ゆかりのある浮世絵作品が表示される。その場所の江戸時代の空気感を確認し、現在の風景と見比べながら変わった点・変わらない点を味わうことができるとのこと。


同アプリで紹介される浮世絵作品の情報は、ミュージアム収蔵品データベースシステム『I.B.MUSEUM SaaS』の所蔵作品データを活用しているため、ミュージアムのオフィシャル情報になっている。中には学芸員による作品解説が添えられているものもあり、作品世界をより深く味わうことができるとのこと。


今回のリリース時点で配信する作品などは、岐阜県恵那市の中山道広重美術館が所蔵する作品が中心となっているため、木曽海道六拾九次之内》《東海道五十三次之内》《名所江戸百景》などより、245点が配信されている。


そのほか同アプリでは、作品のタイトルなど、任意のキーワードから検索することができ、検索結果のリストから地図へと表示を切り替えることができる。「お気に入りの浮世絵の舞台はどこか」という「逆引き」をすることもできるとのこと。


同アプリの詳細等は、同アプリのホームページを参照のこと。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年4月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事