長瀬智也、日曜劇場初主演で20年ぶり恋愛ドラマ - 共演に吉岡里帆・坂口健太郎

アイドルグループ・TOKIOの長瀬智也が、7月スタートのTBS系日曜劇場『ごめん、愛してる』(毎週日曜21:00~)で主演を務めることがこのほど、明らかになった。日曜劇場初主演となる。共演には吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶと、豪華キャストがそろう。

左から吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶ

このドラマは、2004年に韓国KBSテレビで制作され、『冬のソナタ』をしのぐ29.2%の最高視聴率を記録、その年の韓国ドラマ界の各賞を総なめにした作品で、2017年に舞台を移し日本人キャストで描く。長瀬演じる主人公は、幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律。誰にも愛されたことがない男は、自分を捨てた母に復讐を誓い、そして、運命の出会いにより、生まれて初めて人を愛すること、愛されることを知る。

律は、ある日事件に巻き込まれて致命的なけがを負い、せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し当てるが、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親・日向麗子(大竹)が息子のサトル(坂口)にあふれんばかりの愛情を注ぐ姿を目にし、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんなとき、律はひょんなことから出会った女性・三田凛華(吉岡)と再会。凛華は幼なじみであるサトルに思いを寄せていたが、律が内側に秘める孤独と人としての温かさに触れ、だんだん律に惹かれていく。

「僕にとってストレートなラブストーリーは、19歳のときに出演した同局系『ラブとエロス』(1998年)以来」という長瀬は、「20年ぶりのラブストーリー。これまでやらなかったということは、そこまでラブストーリーに興味がなかったんだと思うんです。『ラブなんか』とちょっと否定していた自分もいたかもしれませんが、今は素直に『自分がラブストーリーと向き合うならどうなるのか』という思いでやりたいです」とコメント。「自分にしかできないキャラクター、ラブストーリーになったらいいんじゃないかなと思います」と話す。

また、同局系『Dearウーマンスペシャル』(1997年)以来20年ぶりのドラマ共演となる大竹について、「当時も自分のくだらない話を優しい笑顔で聞いてくれたり、大きな優しさに包まれていた記憶があるので、またそれに浸れたらなと思います」と期待。さらに、「30代後半になって"愛"に対して思うことが、20年前とは全然違うと思うんです。今回の役を通してその気持ちを素直に受け取って演じようと思っています」と語った。

連ドラ初ヒロインとなる三田凛華役の吉岡は、「思ってもいなかった大きなお役に緊張と責任を感じております」と心境を告白。サトル役の坂口は「彼を知って、自分に重ねて、サトルにとっての愛の形、姿を見せられるように精いっぱいお芝居をしたい」と意気込み、律の母・日向麗子役の大竹は、「20年ぶりの長瀬さん、そして夢中で観ていた『ごめん、愛してる』に出演することが決まり、今からワクワクしています」と話している。

なお、サトルは元ピアニストの母・麗子の英才教育を受けて育ち、女性に絶大な人気を誇るアイドルピアニストという役どころ。演じる坂口はすでにピアノのレッスンを開始したという。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事