中川晃教、演劇賞受賞後初舞台でスヌーピー役! 村井良大が「大好き」

東京・シアタークリエにて8日に行われた舞台『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』ゲネプロ及び囲み取材に、村井良大、高垣彩陽、田野優花(AKB48)、古田一紀、東山光明、中川晃教が登場した。

左から古田一紀、田野優花(AKB48)、村井良大、中川晃教、高垣彩陽、東山光明

同作は世界で3億5,500万人以上の読者を持ち、日本でも人気の高いチャールズ・M・シュルツによるコミック『ピーナッツ』を1967年にミュージカル化。1999年にリバイバル公演でトニー賞4部門にノミネートされ、日本でも1977年、2000年に上演された。何の取り柄もない少年チャーリー・ブラウンと、飼い犬スヌーピーを始めとする仲間たちの日常を描く。

2016年に上演された『ジャージー・ボーイズ』にて読売演劇大賞 最優秀男優賞、第42回菊田一夫演劇賞を立て続けに受賞した中川だが、受賞後初の舞台では、犬のスヌーピー役に。はつらつと動き回りながら、かわいらしい着ぐるみの外見からは想像もつかないような豊かな美声を響かせた。

中川は、「受賞後初、犬っていうのが、本当にこういうことがタイミングとしてくるんだなって」と驚きながらも「嬉しく思っています」と笑顔に。役の話を聞いた時は「うわあ、あのスヌーピーをやるの!?」とイメージが湧かなかったというが、「中川晃教だったら、どうこのクリエの舞台でいきいきと表現するか」と想像を膨らませ、挑戦を決めたという。『ピーナッツ』の世界の奥深さにも触れ、「運命を感じているキャラクター。出会うべくして、出会っているなと思います。ワン!」と語った。

主役となるチャーリー・ブラウン役の村井は「正直すごく若返るなと思います。久しぶりにこんな短パンをはいて舞台やるなって」と苦笑。中川も犬の格好に「いろんなところが軽量化されている」と、腕の裏側がシースルーになっていることを明かし、四足歩行のために強化した膝のニーパッドも見せる。

中川は改めて、チャーリー・ブラウンについて「何をやってもうまくいかない人だけど、彼なりのビジョンを持って生きている」と説明し、『RENT』『きみはいい人』と立て続けに主演を張る村井の「いろんな意味でアップアップする瞬間にすごくリンクする」という。中川はスヌーピーが「チャーリーを愛している犬」であり、「全面的に愛しているからこそ、とにかく彼の全ての瞬間を大好きです」と村井への愛を語った。

東京公演はシアタークリエで4月9日~25日、福岡公演はキャナルシティ劇場で29日、大阪公演はサンケイホールブリーゼで5月6日~7日、愛知公演は日本特殊陶業市民会館ビレッジホールで5月9~10日。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事