YouTube、動画への広告掲載に新条件「再生10,000回以上のチャンネル」

米YouTubeは4月6日(現地時間)、広告収入を動画コンテンツ投稿者に分配する「YouTubeパートナープログラム」の利用に「再生10,000回以上のチャンネル」という条件を設けた。6日から有効になり、再生10,000回未満のチャンネルが同プログラムを通じてこれまで得た収入には影響しない。

オリジナルの投稿者の許可なく他人の動画を投稿して収入を得ようとする行為や、人気チャンネルをコピーして動画を配信する「なりすましチャンネル」などへの対策として再生10,000回以上という条件を追加した。10,000回再生はチャンネルの正当性を評価するための情報をYouTubeに提供するものになる。

また数週間中に、YouTubeパートナープログラムへの新規申し込みにレビュー・プロセスが追加される。再生10,000回に達した後で、YouTubeのポリシーに照らし合わせて申請ユーザーのそれまでのアクティビティを審査する。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事