Raspberry Piで液晶ディスプレイ一体型PCを作るキット「Pi-Top」

アールエスコンポーネンツから、ボードコンピュータ「Raspberry Pi」を使って液晶ディスプレイ一体型デスクトップPCを自作するキット「Pi-Top(パイトップ)」が発売された。グリーンとグレーの2色があり、税別価格は18,315円。

グリーン

グレー

Pi-Topで一体型PCを仕上げるには、Raspberry Pi本体、ACアダプタ、キーボード、マウスが必要となり、Pi-Top以外は別売となる。対応するRaspberry Piは、Raspberry Pi 2 Model B、Raspberry Pi3 ModelBだ。また、同じく別売のpi-topPROTOプロトタイピングボードを追加すると、組み込んだRaspberry Piの40 GPIOピンすべてにフルアクセス可能となる。これにより様々なセンサー類などを接続して、回路の実験をしたり、機能を拡張したりが可能。

パッケージ(イメージ)

液晶ディスプレイは14型で、解像度は1,366×768ドット、発色数は約262,000色、画面は非光沢(アンチグレア)タイプ。本体のスタンド、最大65度までのチルト機構を備える。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事