ビックカメラ、「ビットコイン」による決済を試験導入 - ビックロなど2店舗

ビックカメラは4月7日より、仮想通貨「ビットコイン」による決済サービスを試験導入する。対象店舗はビックカメラ有楽町店と、ビックロ ビックカメラ新宿東口店。

ビットコインは、世界で約2,000万人(うち日本60万人)が利用している仮想通貨。国内の大手小売店に試験導入されるのは初めてのことだ(4月5日現在、ビックカメラ調べ)。決済上限は1会計につき10万円相当まで。ポイント付与率は現金と同率となる。

ビックカメラは、2005年の「Suica」導入以降、様々な決済サービスを導入。ビットコイン試験導入の理由については、改正資金決済法の施行にともない安全性が向上し、今後国内での普及が進むことが考えられるため、また、ビットコインがすでに普及している海外からの観光客の利用を見込めるためとしている。

人気記事

一覧

新着記事