アップル「Mac Pro」をアップデート、価格そのままでCPUとGPUを強化

アップルは4月4日(米国時間)、プロフェッショナル向けデスクトップMac「Mac Pro」をアップデートした。クアッドコアモデルと6コアモデルだったラインナップが、価格はそのままで下位モデルが6コアモデル、上位モデルが8コアモデルになり、GPUも強化された。アップルのオンラインストアでは、下位モデルから販売が始まっている。

6コアモデル

下位モデルは標準構成で298,800円。搭載プロセッサは、6コアのIntel Xeon E5 (12MB L3キャッシュ)。12GBだったDDR3 ECCだったメモリが16GBになり、GPUがデュアルAMD FirePro D300からデュアルAMD FirePro D500にアップグレードされた。

  • プロセッサ:3.5GHz 6コアのIntel Xeon E5 (12MB L3キャッシュ)、オプションで3.0GHz 8コアプロセッサ (25MB L3キャッシュ)または2.7GHz 12コアプロセッサ (30MB L3キャッシュ)
  • メモリ:16GB DDR3 ECCメモリ (オプション:32GB、64GB)
  • グラフィックス:デュアルAMD FirePro D500 GPU (オプション:デュアルAMD FirePro D700)
  • ストレージ:256GB PCIeフラッシュストレージ (オプション:512GB、1TB)

8コアモデル

上位モデルは標準構成で398,800円。搭載プロセッサは、8コアのIntel Xeon E5 (25MB L3キャッシュ)。GPUは、デュアルAMD FirePro D700。これまではデュアルAMD FirePro D500だった。

  • プロセッサ:3.0GHz 8コアのIntel Xeon E5 (25MB L3キャッシュ)、オプションで2.7GHz 12コアプロセッサ (30MB L3キャッシュ)を選択可能
  • メモリ:16GB DDR3 ECCメモリ (オプション:32GB、64GB)
  • グラフィックス:デュアルAMD FirePro D700 GPU
  • ストレージ:256GB PCIeフラッシュストレージ (オプション:512GB、1TB)

拡張ポートは、USB 3×4、Thunderbolt 2×6、デュアル・ギガビットEthernet、HDMI 1.4 UltraHDなど。ワイヤレスは、Wi-Fi (802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0。

Mac Proはサーマルコアと呼ばれるシリンダー型の筐体全体が冷却機構を兼ね備えたデザインを特長としている。Thunderbolt 2による外部拡張を活用し、プロフェッショナル向けでありながらコンパクトなサイズと静かな動作を実現した。2013年に発表された時には独特のデザインで大きな話題になったが、発売以来Mac Proのアップデートが行われず、そのためプロフェッショナル向けデスクトップPCからAppleが撤退する可能性も指摘されていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事