仮想空間で友達と遊べるVRソーシャルアプリ「cluster.」が5月に配信

クラスターは、VRソーシャルアプリ「cluster.」の日本語版と英語版を、5月中に正式リリースする。

ゲームプレイのイメージ

cluster.は、仮想空間で動画視聴やイベントへの参加などを楽しめるVRソーシャルルームアプリ。ルームを作って友達とアニメや映画を見たり、ゲームをプレイしたりなど、一人や少人数でも利用できる。イベントは、数十人から数千人規模で開催することも可能。今後はVRライブイベントプラットフォームとして活用し、音楽、アニメ、ゲームなどのコンテンツを提供する予定だ。

イベントのイメージ

WindowsやMacに、Oculus RiftやHTC ViveなどのVRゴーグルを組み合わせて遊ぶ。同時に接続できる人数は5,000人まで。α版ではイベントの開催に事前申込が必要だったが、正式版ではほぼ無制限で開催できるようになる。

4月4日にはティザーサイトを公開し、テスターの募集も開始。申し込みは個人法人ともにティザーサイトで受け付ける。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事