Windows 7と10で75% - 3月OSシェア

Net Applicationsから2017年3月のデスクトップOSシェアが発表された。3月はWindowsがシェアを減らし、MacとLinuxがシェアを増やした。バージョン別では、Windows 7とWindows 10がシェアを増やし、Windows XP、Windows 8.1、Windows 8、Windows Vistaがシェアを減らしている。Windows 7のシェアはほぼ50%、Windows 10のシェアはほぼ25%と、この2つのオペレーティングシステムで75%ほどのシェアを確保している。

MicrosoftはWindows 10への移行を進めたい意向があるが、Net Applicationsの調査を見る限り、Windows 7はシェア50%ほどと根強い人気がある。MicrosoftはIntelの最新のプロセッサのサポートをWindows 10に限定するなど、Windows 10への移行を後押しする動きを見せている。

また、シェアが低下しているとはいえ、すでにサポートが終了したWindows XPのシェアは7.44%あり、単体のシェアでさえMacやLinuxよりも高いシェアを確保している。

2017年3月デスクトップOSシェア/円グラフ - Net Applications報告

2017年3月デスクトップOSバージョン別シェア/円グラフ - Net Applications報告

2017年3月デスクトップOSシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2017年3月デスクトップOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Windows 91.59% 91.76%
2 Mac 6.27% 6.19%
3 Linux 2.14% 2.05%
順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Windows 7 49.42% 48.41%
2 Windows 10 25.36% 25.19%
3 Windows XP 7.44% 8.45%
4 Windows 8.1 6.66% 6.87%
5 Mac OS X 10.12 3.22% 2.91%
6 Linux 2.14% 2.05%
7 Windows 8 1.57% 1.65%
8 Mac OS X 10.11 1.46% 1.55%
9 Mac OS X 10.10 0.93% 1.00%
10 Windows Vista 0.72% 0.78%
11 Windows NT 0.38% 0.39%
12 Mac OS X 10.9 0.33% 0.35%
13 Mac OS X 10.6 0.12% 0.14%
14 Mac OS X 10.8 0.09% 0.11%
15 Mac OS X 10.7 0.09% 0.11%
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事