カゴヤ、ベアメタルサーバのミドルウェア監視と障害復旧1次対応を提供

カゴヤ・ジャパンは3月23日、ベアメタルサーバー「FLEX」を対象に各種ミドルウェアの監視と障害復旧1次対応をセットで提供するオプション「ミドルウェア監視復旧サービス」を提供開始すると発表した。

同オプションは、一定間隔で監視を行い、異常を検出した際はサーバにログインしてミドルウエアサービスの状態を確認してサービス再起動、サーバ自体の応答がない場合は実機のLEDランプの目視確認などを行ってサーバーを再起動するサービス。

「監視サービス」以上「フルマネージドサービス」未満のオプションサービスで、「障害時は状態確認の上、サービス継続を優先したい」というニーズに適している。運用しているサーバに監視エージェントをインストールすることなく利用できる。

対象のサーバは、Linuxを利用するFLEXのうち、グローバルIPアドレスのサーバとなる。

対象のミドルウェアは、ICMP、FTP、SSH、SMTP、DNS、HTTP、HTTPS、 POP、IMAP、MySQL、PostgreSQLで、各サービスポートのポート番号を変更されている場合も対応可能。

なお、メンテナンス時など、事前に申請すれば監視復旧対応を一時停止できるほか、契約途中での対象サービスの変更にも対応する(追加費用不要)。

料金は、初期費用が8640円、月額費用が8640円。

ベアメタルサーバー「FLEX」のラインアップ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事