世界の若者が就職に役立つと思うものは?

 

アデコは3月16日、「就職に関する意識調査」の結果を発表した。調査は2016年3月~7月、同社が拠点とする主要13カ国(メキシコ、スペイン、オランダ、イタリア、ノルウェー、日本、ドイツ等)にて、18~30歳の若者9,572名を対象にインターネット調査で行われた。

「将来の職業に必要なスキルを身につけていると思うか」

「将来の職業に必要なスキルを身につけていると思うか」と聞いたところ、全体の73.08%が「身についていると思う」と回答した。このうち、日本は31.54%で最も低くなった。

「将来の職業のために準備する必要があるスキル」

「将来の職業のために準備する必要があるスキル」を聞くと、日本のみが「コミュニケーションのスキル」(53.27%)をトップに挙げた。その他の国が重視したのは、「実務経験」と「外国語」だった。

「就職の役に立つと思うもの」

「就職の役に立つと思うもの」については、「実務経験を重ねる」(50.62%)が最も多かった。次いで「種々の資格を取る」(26.70%)、「ものの考え方」(22.68%)となった。

「今後10年間における最大の望み」

「今後10年間における最大の望み」について、0点~10点のスケールで項目ごとに投票してもらったところ、「経済的安定」(7.33点)がトップに。以降「夢の仕事に就く・充実した仕事をする」(7.16点)、「社会的責任の大きな会社で働く」(6.23点)と続いた。

関連キーワード

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事