OpenSSH 7.5登場

OpenSSH is a FREE version of the SSH connectivity tools that technical users of the Internet rely on.

OpenBSDプロジェクトは3月20日(カナダ時間)、「OpenSSH 7.5」において、OpenSSHの最新版となる「OpenSSH 7.5」の公開を伝えた。OpenSSHはSSHプロトコルバージョン2.0に対応したサーバおよびクライアント実装。以前の古いプロトコルであるSSHプロトコルバージョン1.5やSSHプロトコルバージョン1.3もサポートしている。

今回のリリースはバグ修正リリースと位置づけられており、新機能の追加よりもバグの修正とセキュリティ関連の強化が主題となっている。新機能としてはアルゴリズムリストからメソッドを簡単に指定解除するために「=-」という指定方法が追加された点が説明されている。

OpenSSHでは古い暗号化機能を今後のリリースで随時削除していくと説明。6月から8月ごろのリリースが予定されている次のメジャーリリースで、まだ残っているSSHバージョン1プロトコルの実装の削除が予定されているほか、Blowfish/RC4/RIPE-MD160 HMAC/CBCのサポート廃止、1024ビットよりも小さいRSA鍵の拒否などを実施するとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事