J3鳥取、新加入の内山裕貴が左ひざ手術で全治4カ月…練習中に負傷

ガイナーレ鳥取が内山裕貴の負傷を発表

 ガイナーレ鳥取は21日、DF内山裕貴が左ひざ外側半月板損傷と診断されたことを発表した。同選手は練習中に負傷。17日に手術を受け、全治4カ月の見込みと診断されている。

 内山は1995年生まれの21歳。コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)の下部組織出身で、U-15、U-18を経て2014年にトップチームへ昇格した。2015年にはシンガポールのホウガン・ユナイテッドFCへの期限付き移籍も経験。昨季は札幌に復帰したが、昨年11月末に契約満了が発表された。

 今季から鳥取でプレーしている内山。新天地で臨むシーズン、公式戦出場を果たす前に離脱を強いられることとなった。

 鳥取は明治安田生命J3リーグ開幕2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点「4」。次節は26日、AC長野パルセイロをホームに迎える。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事