トッテナムのデレ・アリに悩みの種? 実の両親が契約を巡って訴訟か

実の両親が訴訟を提起していると報じられたデレ・アリ [写真]=AMA/Getty Images

 トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリは、実の両親との法廷闘争を抱えた状態で2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選に臨まなければならないようだ。イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 報道によると、アリの両親であるデニス氏とヒケンデ氏が、同選手が16歳の時に交わしたMKドンズとのプロ契約について訴訟を提起。両氏は、両親のどちらも契約書にサインをしていなかったことはレギュレーション違反だと主張している。

 デニス氏とヒケンデ氏は、アリが3歳の時に離婚。アリは13歳の頃からMKドンズのアカデミーで親友だったハリー・ヒックフォードの家に居候をしており、ハリーの両親であるアラン氏とサリー氏を父母として慕ってきたが、養子縁組の手続きは行っていない。

 ヒックフォード夫妻はアリとMKドンズの契約書に署名をしているが、夫妻の立場はアリへの住居提供者となっている。そのことが規則に違反するとアリの両親は主張しているようだ。

 今シーズンからトッテナムのユニフォームから“アリ”の文字を外したほど、両親との関係は冷え込んでいるアリ。プライベートな問題から頭を切り替えて、代表戦に臨みたいところだ。

 イングランド代表は22日にアウェイでドイツ代表との国際親善試合に臨んだ後、26日にホームでのW杯欧州予選リトアニア代表戦を控えている。

(記事/Footmedia)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事