ココリコ田中主演『増山超能力師事務所』スピンオフ版が沖縄映画祭に出品

23日に最終話を迎える読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『増山超能力師事務所』(毎週木曜23:59~)のスピンオフ版が制作されることが決定。4月20日から開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回 沖縄国際映画祭」に出品される。

ココリコの田中直樹(前列中央)ら『増山超能力師事務所』出演者=読売テレビ提供

このドラマは、ココリコの田中直樹が主演を務め、超能力を持った「増山超能力師事務所」の個性的なメンバーたちが、依頼人の悩みを解決するため探偵業に奔走する姿を描くもの。スピンオフ版では、二級超能力師の高原篤志(浅香航大)が、超能力者である青葉(三根梓)に心惹かれるが、相葉の姉の夫が殺される事件が発生。これが、増山(田中)が調査する誘拐事件と関わっていたことが判明する。

久万真路監督は「SFと言っていい物語」と紹介し、「超能力者たちは、便利な超能力を備えたことで活躍もしますし、恋もします。しかし、能力を持ってしまったがゆえに少々生きづらかったりもします。やはり、過ぎたるは及ばざるが如しなのでしょうか」と、テーマの1つである"超能力師たちの苦悩"について言及。

そして、「『めんどくさいな』が口癖の増山所長の呟きが、いつしか素敵に聞こえる、そんな物語です。『超能力で人助け』をモットーに、依頼人の悩みを超能力で解決すべく今日も探偵業に奔走します。ぜひお楽しみください」と見どころを予告した。

23日放送の最終話では、増山の妻・文乃(芦名星)に近づく、「高鍋リサーチ」社長・高鍋逸雄(鹿賀丈史)の目的が明らかに。増山との直接対決の様子も描かれる。

23日放送の最終話より=同

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事