バレンティンの先制2ランも…プエルトリコが一発攻勢で勝ち越し

初回、先制2ランを放ったオランダのバレンティン

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダとプエルトリコの一戦は、互いの強力打線が序盤から打ち合う展開となっている。

 オランダは初回、1番・シモンズの内野安打や2番・ボガーツの死球で無死一二塁とするが、ダブルスチールの失敗で一死二塁となる。その後、3番のプロファーが安打でつないだが、そのプロファーが安打を喜んでいる間にアウトとなる凡ミス。

 流れが途切れたかに見えたが、2次ラウンドでMVPにも輝いた“好調”バレンティンが2ランを放ち、オランダが先手を奪った。

 しかしその裏、プエルトリコの3番。コレアが一振りで試合を振り出しに戻す。一死二塁からオランダの先発バンデンハークが投じた甘い変化球を見逃さず、左中間スタンドに運んだ。

 さらにプエルトリコは2回裏、併殺打で二死とした直後に8番のリベラが高めのストレートを左翼席へ。ここまで6連勝と勢いに乗るプエルトリコが一発攻勢で勝ち越しに成功した。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事