[下剋上受験]阿部サダヲ主演ドラマの最終回視聴率8.0% 受験の結果は…

ドラマ「下剋上受験」に出演した(左から)深田恭子さん、山田美紅羽さん、阿部サダヲさん

 俳優の阿部サダヲさんが、娘の中学受験のために奮闘する父親役で主演した連続ドラマ「下剋上受験」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が17日に放送され、平均視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、桜井信一さんが実体験を基に書いた書籍(産経新聞出版)が原作。阿部さん、深田恭子さん演じる中卒の夫婦が、偏差値41の娘とともに最難関中学合格を目指す物語で、小学5年の夏から中学受験に挑むまでの約1年半にわたる家族の挑戦を描いた。

 最終話では、佳織(山田美紅羽さん)に中学受験をさせると決めてから約500日、約1年半かけて桜井家が挑んだ“下剋上受験”の結果がついに出る。桜葉学園の合格発表で、信一(阿部さん)と佳織は合格者の受験番号が張り出された掲示板から自分の番号を探す。一方、香夏子(深田さん)や居酒屋ちゅうぼうの仲間は信一からの連絡を待つ……という展開だった。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事