『女囚さそり』シリーズの梶芽衣子、剛力彩芽主演『女囚セブン』に出演

女優の梶芽衣子と俳優の高嶋政伸らが、テレビ朝日系ドラマ『女囚セブン』(4月21日スタート、毎週金曜23:15~24:15)に出演することが21日、明らかになった。

梶芽衣子(左)と高嶋政伸=テレビ朝日提供

このドラマは、主演の剛力彩芽演じる罪をかぶって刑務所に入った京都の芸妓・神渡琴音が、一癖も二癖もある6人の女囚たちにいじめられ、ときに命まで狙われるものの、持ち前の腹黒さ・したたかさで切り抜けていく姿を描くもの。いじめる女囚たちを、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、安達祐実が演じる。

梶は、1970年代にヒットした映画『女囚さそり』シリーズで主人公を演じた経験を持つだけに「やっぱり女囚の役なのかな?」と思っていたそうだが、今回は、琴音の育ての親で、置屋の女将・一条涼役。琴音の無実を信じ、塀の外から彼女をバックアップしていくという役どころでで、琴音の出生の秘密や父親の正体も知るというキーパーソンで、「コメディ要素を入れて明るく描くというのがとても素敵ですし、異色のドラマになるのでは」と期待を語る。

一方、剛力と初共演の高嶋が演じるのは、表と裏で全く違う顔を見せる次期総理大臣の呼び声も高い法務大臣・内藤裕次郎。剛力への期待と、脚本の西荻弓絵氏と『ダブル・キッチン』以来24年ぶりのタッグということで「面白くないわけがない」と大喜びでオファーを快諾したことを明かした。

ほかにも、琴音が収監される花園刑務所の所長・恩田健郎役で池内万作、同刑務所・刑務官の百目鬼幸子役で宍戸美和公、新人刑務官・立原桐子役で内藤理沙、刑務所イチのイケメン刑務官・大平仁役で田村健太郎、刑務所の処遇部長・一本松昇役で永野宗典の出演も決まっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事