[渡辺麻友]豪華ミュージカル俳優陣に“アウェー感” 「いつか出てみたい」と意欲も

WOWOWのミュージカルコメディードラマ「グリーン&ブラックス」の製作会見に登場した「AKB48」の渡辺麻友さん

 アイドルグループ「AKB48」の渡辺麻友さんが20日、東京都内でWOWOWのミュージカルコメディードラマ「グリーン&ブラックス」の製作会見に、主演を務めるミュージカル俳優の井上芳雄さんらとともに出席。ミュージカルが大好きだという渡辺さんは「ここに集まっているのは一流のミュージカル俳優ばかり。場違いというかアウェー感がある。手汗がすごい」と苦笑しながら「いつかミュージカルに出てみたいです」と目を輝かせた。

 「グリーン&ブラックス」は、井上さんが出演、福田雄一監督が脚本・監督を務めるオリジナル作で、2016年7月に放送された「トライベッカ」に続くミュージカルコメディー第2弾。ミュージカルを上演している劇場の楽屋が舞台で、そこで巻き起こる出来事が描かれる。さまざまな俳優が毎回ゲストで出演する。

 会見には、ゲストとして出演する中川晃教さん、柿澤勇人さん、加藤和樹さん、愛原実花さん、相葉裕樹さん、福田監督も出席した。「トライベッカ」にも出演した渡辺さんは「ミュージカル俳優の方たちは歌えて踊れてなんでもできる。共演させていただいてすべてが刺激になりました(いろいろなことに)瞬時に対応する皆さんの姿を見て、(自分は)ダメダメだなって感じ、これぐらいできないといけないんだって自分を見つめなおしました」と振り返った。

 一方、「トライベッカ」でも渡辺さんと共演した井上さんは「まゆゆはせりふ覚えも早い、いつでもミュージカルに出てほしい。どのミュージカル女優をどけても出演してほしい」と熱望。さらに福田監督が「僕が(演出する)ミュージカルに出てほしいけど、断られそう」とこぼすと、渡辺さんは「そんなことはありません。オファーをいただければ、出演したいです」と笑顔を見せた。

 また、井上さんは、番組について「ミュージカル界をフィーチャーしてもらえる番組は少ない。『トライベッカ』から続けられてよかった」と喜び、「ミュージカル界の内部事情を描きながら、どれだけ皆さんに楽しんでもらえるかのチャレンジになる」と力説。この日は3本を収録し「台本もアドリブも大丈夫かな。収録では、マネジャーさんたちの“ざわざわ”がすごかった」と明かすと、福田監督も「コントの中で実名を使っているため、マネジャーさんやプロデューサーたちが『ここはカットしてください』とかすごかった」と明かしていた。

 番組は4月29日深夜0時からWOWOWプライムで放送。月1回の放送で、全12回。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事