いすみ鉄道「青春28きっぷ」キハ28形にちなみ命名、青春18きっぷとは無関係

千葉県のいすみ鉄道は19日、500枚限定の「いすみ鉄道開業29周年記念きっぷ」と、急行券付1日フリー乗車券「いすみ鉄道 青春28きっぷ」の2種類のきっぷを発売した。

「いすみ鉄道 青春28きっぷ」「いすみ鉄道開業29周年記念きっぷ」イメージ(いすみ鉄道提供)

「いすみ鉄道 青春28きっぷ」は、1人で2回、または2人で1回使用できる急行券付1日フリー乗車券。使用日に限り、急行列車の自由席を含むいすみ鉄道の全線に乗車できる。2人同時使用の場合は同一行程のみ有効。どこかで聞いたことがあるような名前のきっぷだが、全国で唯一キハ28形を営業運転で使用していることにちなんでいるとのこと。公式サイトには「JRで発行している青春18きっぷとは一切関係のないきっぷです。『いすみ鉄道 青春28きっぷ』についてJR各社へのお問合せ等はご遠慮ください」との注意書きが掲載されている。

価格は2,800円(大人用のみ)。急行列車の指定席に乗車する際は指定席料金(300円)が必要となる。使用期限は発行日から6カ月で、未使用の場合は使用期限内であれば210円の手数料を差し引いて払戻し可能。販売期間は定めず、当分の間販売する。

500枚限定で発売された「いすみ鉄道開業29周年記念きっぷ」は、いすみ鉄道の普通列車・快速列車が1日乗降り自由となるフリーきっぷで、価格は1,000円(大人用のみ)。急行料金を別途払うことで急行列車にも乗れる。きっぷは硬券タイプで、かつての列車やいすみ鉄道の歴史を記載した台紙が付いた。当日は朝8時から大多喜駅窓口にて発売され、大原駅・国吉駅の売店でも開店時から販売されたという。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事