[富野由悠季監督]人生相談コラム第2弾 「人は死ぬまで一人だ!」 「この世界の片隅に」監督と対談も

富野由悠季監督の人生相談コラムをまとめた書籍の第2弾「富野に訊け!!<悟りの青>篇」のカバー(C)Yoshiyuki Tomino & Others 2017

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督の人生相談コラムをまとめた書籍の第2弾「富野に訊け!!<悟りの青>篇」(徳間書店)が発売された。アニメ誌「アニメージュ」(同)2010年1月号~16年12月号の連載をまとめた書籍で、2月には第1弾「<怒りの赤>篇」を発売しており、今回の第2弾はマンガ「ハヤテのごとく!」の作者・畑健二郎さんの悩み相談、劇場版アニメ「この世界の片隅に」の片渕須直監督と富野監督の対談などが掲載された。

 書籍は、「自己改革篇」「友達・人間関係篇」「進路・将来篇」「家族篇」「学校篇」「アニメの楽しみ方篇」「ゲスト篇」「スペシャル対談」の全8章。「クラスの仲良しグループに入れません」という悩みには「無理する必要はない。人は死ぬまで一人だ!」とアドバイスするなど持論を展開する。また、片渕監督との対談では、富野監督が「一時期、サンライズを抜けて自分でプロダクションを作ろうと思ったこともあった」などと明かす。

 「富野に訊け!!<悟りの青>篇」は四六判ソフトカバーで224ページ。価格は1500円(税抜き)。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事