斉藤こず恵の"食いしん坊"演技に絶賛の声続出 -『スカッと』で新悪役登場

女優の斉藤こず恵が、きょう20日に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(毎週月曜19:57~20:54)に「食いしん坊な母ちゃん」という新キャラクターで登場する。

『痛快TV スカッとジャパン』に出演する斉藤こず恵

スカッとした体験談をドラマ化する同番組は、木下ほうかの「イヤミ課長」や、宍戸美和公の「ケチケチ母ちゃん」など、さまざまな悪役キャラクターたちを生み出してきたが、そんな中で斉藤が演じるのは「食いしん坊な母ちゃん」。パン屋の試食コーナーで何度もおかわりを繰り返し、タダでお腹を満たす迷惑女だ。

今回は、支払いをせずに商品の文句ばかりを吐き散らす迷惑客が、思わぬ形で成敗されていくというストーリーで登場。

1974年のNHK連続テレビ小説『鳩子の海』で主人公の少女時代を演じ、"国民的子役"として一躍有名になった斉藤だが、当時の面影が全く無くなってしまった姿に、スタジオからは「幸せそうに食べる!」「カワイイ!」「(体格)仕上がってますね!」と、豪快な食べっぷりに絶賛の声があがる。

MCの内村光良も「俺らの頃(子役)の斉藤こず恵さんはもういないからね! 本当にかわいらしかったんです! ごめんなさい全部"過去形"で言っていて(笑)」と振り返りながら、「"NEW 斉藤こず恵"になっています!」と太鼓判を押している。

スタジオゲストには、陣内智則、三浦翔平、ウーマンラッシュアワー、三田寛子、大地真央が出演する。

(C)フジテレビ

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事