手紙社主催、紙の博覧会「紙博」が開催。紙に惹きつけられる2日間

ふと見つけた付箋や、美術館に行った時にもらうチラシ、その流れでつい買ってしまうノート。ほとんどの人が使わなくなった手書きの手紙……。

じわじわと存在感を薄めつつも、なくてはならない「紙」。デザイン、質感、匂い……五感に訴えかけてくる。やっぱり、紙が好きだ。

「素材として」「雑貨として」「作品として」の紙が集まる、手紙社主催のイベント「紙博」が4月15日(土)、16日(日)に開催される。活版印刷の会社や文房具メーカー、イラストレーターなど、世界中から紙にまつわる作り手が集うイベントだ。

スマートなレタリングや黒を効かせたデザインで、ユニセックスな魅力のペーパーアイテムを展開する「KNOOP」
スマートなレタリングや黒を効かせたデザインで、ユニセックスな魅力のペーパーアイテムを展開する「KNOOP」
シックでエレガントな配色ながら、美しいレタリングやパッケージの「ATELIER. encle d’encle(アトリエ アンクルダンクル)」
シックでエレガントな配色ながら、美しいレタリングやパッケージの「ATELIER. encle d’encle(アトリエ アンクルダンクル)」
カラフルで多彩なデザインと、貼ってはがせてメモまで書ける利便性で、一躍紙もの界のトップスターとなったマスキングテープ「mt」
カラフルで多彩なデザインと、貼ってはがせてメモまで書ける利便性で、一躍紙もの界のトップスターとなったマスキングテープ「mt」

総勢49組が参加し、会場は紙で彩られる。

紙を愛してやまない人も、そこまで紙に興味がない人もぜひ参加してみて欲しい。暮らしの中に紙製品を取り入れて、部屋の印象を少し変えてみてはどうだろうか。

手紙社主催、紙の博覧会「紙博」が開催

日程:2017年4月15日(土)~16日(日)
時間:15日(土)10:30~17:00、16日(日)10:00~16:00
会場:東京都立産業貿易センター台東館
住所:東京都台東区花川戸2-6-5
来場者数:10,000人/2日間(見込み)
入場料:500円(小学生以下無料)
公式サイト:http://kamihaku.jp 紙博 [手紙社]
本記事は「roomie」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年10月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事