外国人が苦手な体のニオイは? - 「フランスの男性はにおわないので…」

外国人が苦手な体のニオイは?

ビジネスシーンなどで、しばしば「ニオイ」が問題になることがある。他人のニオイが気になることもあれば、「自分ってにおってるかも!? 」と神経質になることもあるだろう。

代表的な体のニオイには「口臭」「汗のニオイ」「足のニオイ」「加齢臭」があるが、外国人はどれが一番苦手だと思うのだろうか。日本在住の外国人20名に聞いてみたので、理由とあわせて紹介しよう。

Q.「口臭」「汗のニオイ」「足のニオイ」「加齢臭」のうち、どれが一番苦手ですか? 理由とあわせて教えてください。

■加齢臭
・「加齢臭が一番ですね。理由はわかりません。電車などでもよくあるので」(トルコ/30代後半/男性)
・「加齢臭です。加齢臭は、口・汗・足などの全部のニオイが入っています」(アメリカ/20代後半/男性)
・「加齢臭。くさいから」(ドイツ/40代後半/女性)
・「加齢臭は一番苦手。フランスの男性はにおわないので、日本では慣れない」(フランス/30代前半/女性)
・「加齢臭です。理由はわからないです。ただ嫌なだけです」(ロシア/30代前半/女性)
・「加齢臭です。鼻につくので、一番嫌です」(モンゴル/40代前半/女性)
・「加齢臭。独特だと思います」(キルギス/30代前半/女性)

■口臭
・「口臭。口臭対策をしていないことは、話し相手に対してとても失礼だと思います」(ウクライナ/30代前半/男性)
・「口臭が一番刺激的なので苦手です」(モロッコ/30代前半/男性)
・「口臭。話をするときに相手に口臭がある場合は、その相手から逃げるわけにはいかないため」(インドネシア/30代前半/男性)
・「口臭が一番苦手です。喋るとき嫌」(ベトナム/30代前半/女性)
・「口臭が一番苦手です。話しているときに避けられない」(インド/30代後半/女性)

■汗のニオイ、足のニオイ、その他
・「汗のニオイです。狭い空間でかなりにおいます」(エジプト/30代前半/男性)
・「汗にニオイがとても苦手です。特に男子の汗が苦手です」(ポーランド/40代前半/女性)
・「足のニオイが一番厳しいと思います。口臭、汗のニオイと違って、自分の足のニオイも感じますので」(イタリア/30代前半/男性)
・「どれも嫌い。優劣はつかない。くさいのは全般的に苦手です」(台湾/20代後半/男性)
・「全部」(韓国/30代前半/女性)
・「どれも苦手」(タイ/30代前半/女性)

■総評
アンケートの結果、「加齢臭」と「口臭」を苦手とする外国人が多かった。

加齢臭の原因は、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸(不飽和脂肪酸)が酸化することで生じる「ノネナール」という成分といわれている。一般的に、40代後半から気になる人が増えてくるが、男性特有のものではなく、同じメカニズムで女性でも発生する。好みにもよるが、その独特なニオイに慣れない人も多いようだ。

口臭は、ニオイがきついものを食べたとき以外に、だ液の減少、むし歯や歯肉炎・歯周炎、糖尿病など全身の病気が関係しているケースもある。原因を根本からなくすのは大変だが、食後の口臭であれば、歯磨きなどのオーラルケアで予防・改善できることも多い。「話し相手に失礼」という意見もあるように、エチケットの一つとして、まずは歯磨きを見直してみるとよいだろう。

汗や足のニオイを挙げた人は少なかったが、梅雨の季節や夏になると、気になる人が増えそうだ。自分のニオイには慣れてしまって気づかないことも多いが、まずは自分の爽快感のため、そして周りへの配慮として、適切なケアを心がけたいものである。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2017年1月23日~2017年2月28日
調査対象: 日本在住の外国人
調査数: 20人
調査方法: インターネット応募式アンケート

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事