東急田園都市線2020系、新型車両は「これまでにない新しさ」2018年春導入へ

東京急行電鉄は17日、田園都市線に新型車両2020系を導入すると発表した。「2020年の東京オリンピック、さらに2020年の当社創業100周年に向けて、田園都市線により親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすることを目的に命名」したという。2018年春に30両(10両編成×3編成)導入し、その後も順次導入予定としている。

東急田園都市線に導入される新型車両2020系のエクステリアイメージ(画像はすべて東急電鉄提供)

新型車両2020系のデザイン監修は、東急線沿線の商業施設のデザインなどを手がける丹青社が担当。沿線の街や駅との親和性を高め、利用者に親しみを持ってもらうとともに、「これまでにない新しさを感じていただけるような外観、車内空間」をめざした。外観はコンセプトカラー「INCUBATION WHITE」(美しい時代へ孵化していく色)を使用し、丸みのある先頭形状は「やわからみのある顔をイメージしています」とのこと。

車内は座席や照明も含め、沿線の風景をイメージしたカラーコーディネートにこだわり、親しみやすさと心地良さを感じられるデザインに。ハイバック仕様の座席で座り心地を改善し、東急電鉄初という空気清浄機「ナノイー」の設置、冷房・暖房機能の向上などで車内環境も改善される。デジタルサイネージはドア上や連結部に加え、座席上にも3連で配置。多言語案内の充実化を図り、ニュースや天気予報などの情報サービスも提供する。

車内の全照明と前照灯・尾灯にLED灯を採用し、東急田園都市線の既存車両8500系との比較で使用電力を約50%削減。セキュリティ向上を目的に車内防犯カメラも設置する。低騒音型の主電動機や駆動装置を採用し、沿線および車内空間の騒音低減も図る。運行のさらなる安定化を実現すべく、機器の状態監視が常時可能な大容量情報管理装置を採用。踏面ブレーキとディスクブレーキの併用により、ブレーキ性能も向上する。

新型車両2020系のインテリアイメージ

田園都市線を走行する2020系のイメージ

リニューアル後の南町田駅到着シーンのイメージ

田園都市線へ新型車両を導入するにあたり、「いつでもどこでも安全で安心・快適な移動ができる『いい電車』を実現し、魅力ある沿線を目指します」と東急電鉄。2020系の製作状況や営業開始日、イベント企画については「順次、お知らせします」としている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事