「第2期電王戦」の代指しロボットは2台体制 - その名も「電王手一二さん」

ドワンゴおよび日本将棋連盟、デンソーの3者は3月17日、ドワンゴと日本将棋連盟が2017年4月1日と5月20日に開催予定の「第2期電王戦」において、デンソーの子会社であるデンソーウェーブがコンピュータソフトの指し手を盤上に再現する新たな代指しロボッ「電王手一二さん(でんおうていちにさん)」を提供することを明らかにした。

前々世代ロボット「電王手さん」や前世代ロボット「新電王手さん」には、将棋に特化した「成り機」などの特殊機構が備えられていたが、今回の第2期電王戦に向けて、デンソーウェーブではロボットメーカーの原点に立ち返るという点から、特殊機構を「爪の開閉」のみにとどめ、ロボットアームの動きと機能だけで将棋を指せるようにしたという。

こうした動きを実現するために電王手一二さんには、2台の産業用ロボットアーム「VS-060」を1台のロボットとして作動させる協調制御システムを搭載。これにより、将棋盤という限られたスペースにおいて、2台のロボットアームを両手として同時に作動させること可能となったほか、指し手の位置によって、本体を左右に移動させながらの駒運びに対応することが可能となったという。

また、駒が斜めになっていたり、ずれて置かれていても、アーム先端に装着したカメラが多方向から画像認識し1mmの誤差もない着手を実現したとするほか、棋士とロボットアームの間に目に見えない安全柵(エリアセンサ)を設置することで、安全性への配慮も施されたとする。

さらに、前世代ロボット「新電王手さん」と同レベルのスピードと静音性を保ちつつ、対局相手に心理的負担を与えないよう、指す時、引く時の加速度のブラッシュアップが施されたとするほか、人間の対局相手を考慮した「空気を読んだ」動作も実現しているとしている。

なお、「第2期電王戦」は、第2期叡王戦を勝ち抜いた佐藤天彦叡王と第4回電王トーナメントの優勝ソフト「PONANZA」による2番勝負で、第1局を4月1日に栃木県の日光東照宮にて、第2局を5月20日に兵庫県の姫路城にてそれぞれ開催される予定。第1局の先手番はPONANZA、第2局の先手番は佐藤叡王になるという。

「電王手一二さん」

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事