千葉県・南柏駅近くにテントスペースやボルダリングカフェを備えたシェアハウスが登場

共立メンテナンスは、アウトドアという共通の趣味を通じて交流を深めることができる「シェアハウス ドーミー南柏」を竣工、4月1日より内覧会を開催する。


同物件は、趣味に没頭できる設備と安らぐスペースを設置し、入居者同士のコミュニケーションを活性化を図る。性別・年代を越えた仲間と、趣味と住まいも共有できるシェアハウスになっているとのこと。


同物件の3つの特長として、「趣味に没頭できる場所」「コミュニケーションを育む場所」「リラックスして生活できる場所」が備わっているとのこと。


屋内外テントスペースやボルダリングカフェ、自転車のメンテナンスルームなど趣味に没頭できるほか、大画面のシアタールームや、広々とした共有キッチンスペースなどを完備。各フロアにもフリースペースがあり、自然色を基調とした開放的な空間で、全館土足可とのこと。

■シェアハウス ドーミー南柏
所在地 :千葉県流山市向小金3-102-1
アクセス:常磐線「南柏駅」下車 徒歩約8分
構造  :鉄筋コンクリート造4階建
居室面積:13.50m2
居室数 :87室
オープン:2017年リニューアル
食事  :なし
室設備 :2ドア冷蔵庫、エアコン、照明器具、ベッド、机、イス、押入れ、カーテン共有設備:ダイニングルーム、パブリックバス、ランドリールーム、キッチンコーナー、共用トイレ備考  :ハンモックルーム、屋内外テントスペース、ボルダリングカフェ、ブックカフェ、シアタールーム


同物件の詳細や内覧会の詳細等は、同社ホームページを参照のこと。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年3月31日の運勢

イチオシ記事

新着記事