全研本社、SEO状況を共有するファシリテーションツール「seoLOUNGE」

全研本社は3月17日、SEO業務を管理支援するためのファシリテーション・ツール「seoLOUNGE」のサービス提供を開始した。

seoLOUNGEは、SEOで必須のPDCAサイクルをサポートすることが可能なファシリテーション・ツール。SEOプランナーによって、キーワード分析・サイト構造・コンテンツの過不足点など、当該サイトの内部分析を行い、全てオンライン上で確認ができる点が特長。

当該サイト運用者が、内部分析結果の改善スケジュールに合わせて実行し、ステータスを変更すると、SEOプランナーによって改善作業のチェック・校正が行われる。それにより、Webサイト内部の改善状況・進捗を共有できるため、運営者とプランナーの二人三脚でSEO業務に取り組むことが可能になる。

流入状況分析&レポートのダッシュボードでは、各種流入状況などから出力したい項目をチェックし、対象期間を設定することでレポートの雛形が作成可能。また、サマリー部分や次回施策部分を記入することで、容易にレポート化が行える。

作成したレポートはアーカイブ化されるため、いつでもダウンロード可能。また、Google Search ConsoleやGoogle Analyticsと連携させることで、デスクトップとモバイルの検索順位推移や流入推移などが確認できるだけでなく、曜日時間帯別や天候別など、直感的に閲覧できるような機能を実装している。

価格は、要問い合わせ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事