レクサス「LC500」「LC500h」新型ラグジュアリークーペを発売 - 画像78枚

レクサスは16日、新型ラグジュアリークーペ「LC」を発売した。ハイブリッド車「LC500h」とガソリン車「LC500」(4月13日発売予定)のラインナップで、FRラインアップの基礎となる新開発GA-Lプラットフォームやマルチステージハイブリッドシステム、Direct Shift-10ATなど最先端技術の採用に加え、徹底的な作り込みによって独創的なデザインやすっきりと奥深い走りを実現している。

「LC500 "S package"」

「LC500h "L package"」

「LC」のエクステリアは、2012年のデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー「LF-LC」をモチーフとしており、新開発プラットフォームによる骨格を生かすことで、走行性能とデザインが調和した独創的なデザインへと昇華させた。低重心かつ低い全高とワイドな全幅でアグレッシブなスタンスを実現し、四隅のタイヤを強調するフェンダーが張り出した抑揚ある立体構成で、クーペとしての機敏さを表現している。

インテリアはドライビングの高揚感を演出するコックピット空間と、乗員を包み込む助手席側空間を融合し、艶やかさと先進的な機能性とを兼ね備えた独自のラグジュアリー性を表現した。コックピットはドライバーとクルマの一体感を醸成するドライビングポジションとし、ペダルやスイッチ類の配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、徹底した走り込みにもとづく細部にこだわったレイアウトを実現している。

「LC」のデザインはコンセプトカー「LF-LC」のデザインイメージをモチーフとしている

新開発GA-Lプラットフォームは、慣性諸元の作り込みやボディの高剛性・軽量化に徹底的にこだわり、優れた走りとデザインの実現に大きく寄与する。正確ですっきりとしたステアリングフィールを実現するため、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置したフロントミッドシップレイアウトを採用し、軽量のCFRPやアルミ部材の採用によって重心高を下げるとともに、慣性モーメントを低減して優れた慣性諸元を追求した。サスペンションは、フロントに高い応答性を実現したハイマウントマルチリンクサスペンション、リアには優れた安定性と乗り心地を実現するマルチリンクサスペンションを採用した。

「LC500h」はレクサスのハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた世界初の機構となるマルチステージハイブリッドシステムを搭載。高回転化したV型6気筒3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現する。10段の変速制御により、ドライバーの意図に忠実なエンジン回転数の変化や応答性の良いモーターアシストをあらゆる走行シーンにおいて可能とした。

「LC500」はハイパフォーマンスエンジンとして実績のあるV8 5.0L 2UR-GSEエンジンを採用。新開発Direct Shift-10ATは、シフトチェンジの際の心地良いフィードバックと切れ味の良い変速を実現したほか、構成部品のアルミ化による大幅な軽量化と部品の小型化を実施している。アクセルやブレーキ、車両のG(重力加速度)からドライバーの意図を読み取り、最適なギヤを選択する新制御も採用した。

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」をはじめとする先進安全技術の採用、機器の基本性能向上に加え、搭載位置も徹底的に検証されたオーディオ・サウンドシステム、エアコンやヒーター類を統合制御するレクサスクライメイトコンシェルジュ、「LFA」の意匠・機構を受け継ぐ可動式メーター、エンジンフードを4つの支点でポップアップさせる4点式ポップアップフードなどを採用する。

外板色は、高彩度なイエローの発色を実現した新規開発色「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」を含む全11色。内装色は新規開発色「オーカー・ブリージーブルー」を含めた全4色を設定した。価格は「LC500h」1,350万~1,450万円、「LC500」1,300万~1,400万円(価格はすべて税込)。

関連キーワード

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事