木村拓哉『A LIFE』撮了に感慨「全力だった」- 共演者からサプライズも

19日に最終回を迎える木村拓哉主演のTBS系ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(毎週日曜21:00~)。昨年12月にクランクインした本作だが、このほど撮影終了を迎えたことがわかった。

壮大役の浅野忠信

主要キャストたちは順次クランクアップ。3カ月半にわたる撮影が終わったとあって、竹内結子は「やっとこの日が迎えられてよかったです」とほっとした様子。松山ケンイチは「すごく大好きな役者さんたちに囲まれてとても勉強になりましたし、人間としてもとても勉強になりました」と話し、菜々緒も「出演者のみなさんが豪華すぎて、ピンマイクが心臓の音を拾うんじゃないかと思うくらい緊張しましたが、いい勉強と素晴らしい経験になりました」と共演者たちとの出会いに得たものが多かったよう。

また、木村文乃は「本当に幸せな3カ月強だったなと思います。これからも完璧なオペナースとして器械出しの腕を磨き続けたいと思います(笑)」、及川光博は「各セクション、みなさんのプロフェッショナルな仕事を見て大変勉強になりました。そして俳優部のみなさんには本当に仲良くしていただいて、ミッチーとってもうれしかったです!」とユーモアたっぷり。浅野忠信は木村拓哉と抱き合い「やったぜー! なんとか乗り越えることができました」と喜びを爆発させた。

そして撮影最終日、主演の木村拓哉1人のシーンでオールアップの予定だったが、松山、木村文乃、浅野が急きょ駆けつけ、撮影が終わった瞬間に木村の前に登場。前日に3人のクランクアップを見届けていた木村はサプライズに驚き、「びっくりしたー! なにしてくれんだよ!(笑)」と目を見張った。3人は花束を渡しながら「僕たち通りすがりで・・・」(浅野)、「お疲れ様でした!」(松山)、「(サプライズ)大成功!」(木村文乃)と木村の反応ににんまり。

木村は3カ月半の撮影を振り返り「本当にいい現場でした。いい仲間といい時間が過ごせたと思っています。描ききれなかったことはまだまだいっぱいあるとは思いますが、それはそれで、今の自分たちにできる全力だったと思います。自分の未熟さも感じましたし、まだまだ一途一心にやらせていただきます。ありがとうございました!」と想いを語った。

「愛しい人の命」「たったひとつの人生」を巡り、木村拓哉演じる職人外科医・沖田一光と彼を取り巻く医師・看護師たちが病院を舞台にドラマを繰り広げてきたこの作品。沖田と深冬(竹内)、壮大(浅野)の関係や、嫉妬に苦しむ壮大の暴走、そして心に残る沖田のセリフなどが話題になってきたきたが、最終回では沖田と壮大、二人の因縁の対決についに終止符が打たれる。

(C)TBS

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事