[FUJIWARA・藤本敏史]「文春と聞くとドキッとする」 スキャンダルは「ないわ!」

文芸誌「文藝芸人」発売記念会見に登場した「FUJIWARA」の」藤本敏史さん

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史さんらよしもとのお笑い芸人が16日、文藝春秋本館(東京都千代田区)で開かれた文芸誌「文藝芸人」発売記念会見に登場した。「週刊文春」で芸能人のスクープを連発している同社から本を出すことについて、藤本さんは「文春と聞くとドキッとする。何かポロッといってしまいそう」と話していた。

 会見には藤本さんのほかに、「平成ノブシコブシ」の徳井健太さん、「ジャルジャル」の福徳秀介さん、「ハリセンボン」の箕輪はるかさん、ピン芸人の横澤夏子さんが出席。藤本さんは最初に「又吉(直樹さん)が来なかったことをおわびします。(出席メンバーに)2軍感があって申し訳ない。又吉が来たらもっと記者が集まってくれたんじゃないか」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 「この本が出たことで、よしもと芸人へのスキャンダル追及の手は緩まないか?」と記者から質問された同社の西川清史副社長は「親しき仲にも“スキャンダル”。私は副社長ですが、(週刊文春)編集部が言うことを聞いてくれると思いますか? 怖いですよ」と回答。藤本さんらは慌てて「ちょっと、ちょっと」とツッコミを入れていた。

 さらに「スクープされる前に(スキャンダルを自ら告白して)膿(うみ)を出しませんか?」と質問されると、藤本さんは「ないわ! あっても言うわけない」と切り返し、笑いを誘った。

 「文藝芸人」は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと文藝春秋がコラボした文芸誌で、作家としても活躍している又吉さんのインタビューをはじめ、「ダウンタウン」の松本人志さんの「若手芸人との共同論文」、福徳さんや徳井さんの小説、横澤さんのエッセーなど計152人のよしもと芸人が執筆。文藝春秋社からは人気作家を担当するエース級の編集者がついて制作した。16日発売で価格は740円(税抜き)。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事