旭化成2017年キャンペーンモデル、国際派美女の大伴理奈が選出

旭化成グループ「キャンペーンモデル2017」発表会が16日、都内で行われ、同モデルに選出された大伴理奈(22)が出席した。

旭化成グループ キャンペーンモデルに選出された大伴理奈

同グループでは、1976年から毎年キャンペーンモデルを選出しており、初代アグネス・ラムや、松嶋菜々子(1992年、第17代)、片瀬那奈(1999年、第24代)、久慈暁子(2014年、第39代)などを輩出。今回、選出された大伴で第42代となる。選考では、健康的でしなやかなスタイルの美しさはもとより、その場を魅了する明るい笑顔や前向きな姿勢、そして日本人の父と中国人の母の間で育ち、大学でフランス語を学んだ国際性などが高く評価され、約300名の候補者の中から選出されたという。

同モデルに選ばれた心境を聞かれると「ちょうど12月16日の誕生日に事務所から連絡をいただいて、信じられないという気持ちと、不安もあるんですけど1年間突っ走って頑張ろうと思いました」とニッコリ。前日に大学を卒業し、社会人1日目で同発表会に出席した大伴は「大学の友だちも就活をしていて、それを見ていたので、私もみんなと同じように社会人1日目なので一生懸命みんなと同じように頑張ろうと思いました」と意気込みを語った。

今まで、TOKYO GIRLS AWARDや着物・ウエディングショーなどモデル業を中心に活動してきた大伴は、今後の目標を聞かれると「モデルや雑誌の活動もしつつ、テレビなどいろいろチャンスがあればなんでも挑戦していきたいと思います。女優業にも興味があります」と目を輝かせ、どんな役をやってみたいかとの問いには「マンガが大好きで青年誌などいろいろ読むんですけど、悪女とかもやりたいですし、お化粧をしないと幼いって言われるので、生徒役もやりたいです」と答えた。さらに、「これから30代、40代、50代になってもずっと続けて行けるような、憧れられるようなモデルになりたいと思っています」と抱負を語った。

また、具体的に憧れる人を聞かれると「モデルさんだと、テイラーヒルさんが大好きです。女優さんは井川遥さんに似ているって言われるので、ちょっと意識しつつ目指しています」とコメント。さらに発表会では、日常会話レベルの中国語を喋れるという大伴が、流暢な中国語で自己紹介を行う一幕もあった。

大伴 理奈(おおとも りな)

1994年12月16日生まれ。埼玉県出身。身長172cm、スリーサイズは、 B82・W60・H87。特技はピアノ、スポーツ(走ること)。趣味はカメラ、マンガ。チャームポイントは笑顔。 笑顔の源は、愛猫のポン太。性格は明るい、人見知りをしない。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事