シスコ、HCIの「Cisco HyperFlex」がオールフラッシュ対応-6倍のIOPSを実現

シスコシステムズは3月14日、都内で記者会見を開き、同社のハイパーコンバージドインフラストラクチャ(Hyper Converged infrastructure:以下HCI)製品「Cisco HyperFlex」を機能拡張した「Cisco HyperFlex 2.0」を発表した。

Cisco HyperFlex HXAF220c M4 オールフラッシュノード、40G対応のCisco UCS 6332 ファブリックインターコネクト

2016年に同社はHyperFlexの提供を開始。同製品は、Cisco UCSテクノロジーをベースとしており、VMware vSphereで動作する「HyperFlex HX Data Platform」ソフトウェアが中核として稼働し、ネットワーク、コンピューティング、ストレージを統合する新しいアーキテクチャのHCI製品。HyperFlex 2.0では、大容量オールフラッシュノードの提供、40Gbpsファブリックへの接続サポート、管理画面(GUI)のシンプル化や日本語インタフェースを提供する。

HyperFlex HXデータ プラットフォームの概要

同社では、ハイパーコンバージドクラスター専用に設計された分散ファイルシステムであるCisco HyperFlex HXデータ プラットフォームと、低遅延のファブリック、およびネットワーク ポリシーの統合を実現し、一貫したI/Oパフォーマンスを提供するとしている。

米シスコシステムズ コンピューティング システム プロダクトグループ プロダクトマネージャーのアニケ・パタンカール氏

米シスコシステムズ コンピューティング システム プロダクトグループ プロダクトマネージャーのアニケ・パタンカール氏は「HyperFlexは提供開始から1年間で1000社以上に導入している。他社製品との差別化ポイントとしては、Cisco データセンター戦略を支える基盤、ネットワークも含めた統合、性能影響の少ないデータ保全サービス、ハードウェアとソフトウェア両面での技術革新が挙げられる。また、同製品の強化点は『優れた性能と集約密度』『基盤ソリューションの充実』『HXとUCSの混在利用が可能』『操作性の向上』の4点となる」と説明した。

差別化ポイントの概要

「Cisco HyperFlex 2.0」強化点の概要

優れた性能と集約密度では、オールフラッシュモデルによる集約密度・性能を提供するほか、40Gのネットワーク接続を可能としている。HyperFlexのハイブリッドモデル(HDDとSSD)と比較した場合、6倍のIOPS、5分の1の遅延、密度は3.2倍を実現しているという。

オールフラッシュに対応したHyperFlexシステムの概要

オールフラッシュ対応により性能が向上した

基盤ソリューションの充実についてはデータ保護/補完の総合ソリューション強化、データベース、SAP ベストプラクティスなどを提供するという。HXとUCSの混在利用に関しては、既存のUCS環境にHXシステムの構築が可能なほか、すべてのUCSソフトのリリースに対応・同期し、コンバージド、ハイパーコンバージドをまとめて共通したアーキテクチャとして利用できる。操作性の向上では、HTML GUIオプションやREST APIのサポート、パートナー向けにサイジングツールの提供、インストーラの強化が施されている。

そのほか、常時利用可能なインライン重複排除・圧縮や、書き込みに最適化されたデータパスがファイルシステムへの書き込み増幅を低減するほか、自動化された運用、ポリシーベースのネットワーク・ノード展開を可能としている。最小構成価格は1000万円を切るという。なお、6月頃をめどにデータ保護機能とセキュリティ、独自の管理ツール、日本語(複数言語)対応したHyperFlex管理ソフトウェアを「Cisco HyperFlex 2.5」として提供する方針だ。

シスコシステムズ データセンター/バーチャライゼーション事業 部長の石田浩之氏

シスコシステムズ データセンター/バーチャライゼーション事業 部長の石田浩之氏は「昨今、顧客が直面する課題としてインフラコストの削減とビジネス要求に迅速に対応できるインフラ、IT運用管理者の不足が挙げられる。われわれでは、ASAP(Analyze、Simplify、Automate、Protect)データセンターアーキテクチャにより、潜在化・顕在化しているITインフラの課題に対応しており、シンプル化においてはHyperFlexとUCSが課題解決の核となる」と述べた。

そして「HyperFlexは、柔軟な構成による低いキャピタルコスト、サブスクリプションベースのソフトウェアモデルや、要求に応じた拡張性と投資効果を実現するクラウドエコノミクス、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージの一元管理を可能とする低い運用コストにより、TCOを提供し、経済的価値を見出すことができる」と強調した。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事