世界初公開の「芳名録」が日本に! 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」開催

日本初となる、オランダのファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクト「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」を8月26日より、北海道立近代美術館を皮切りにして開催。その後、10月24日より東京都美術館、2018年1月20日より京都国立近代美術館にて順次開催する。

第1部「ファン・ゴッホのジャポニスム」

同展は、企画の立ち上げから6年に亘る準備期間を経て、オランダと日本の監修者・学芸員が共同して作品選定を実施。日本展の開催終了後、ファン・ゴッホ美術館にて同展覧会が開催される。

日本初公開

ファン・ゴッホは、浮世絵をはじめとする日本美術から大きな影響を受け、生涯にわたって様々な作品を描いている。同展では、「ファン・ゴッホのジャポニスム」「日本人のファン・ゴッホ巡礼」の2部に分けて構成し、ファン・ゴッホと日本の関係性を両方向から検証する。

日本初公開

日本初公開(札幌・東京の2会場のみ)

第1部では、国内外のコレクションより厳選した日本初公開作品を含む約40点のファン・ゴッホ作品を通じて、ファン・ゴッホが日本からどのような影響を受け、その思いを作品に投影したのかを表現するとともに、ファン・ゴッホが日本に魅了されるきっかけとなった浮世絵を含む日本美術作品、約50点を展示する。

日本初公開

着物姿の女性と思われる絵が右奥に描かれている

第2部では、ファン・ゴッホ終焉の地・オーヴェールを訪れた、約240人の近代日本の知識人が記した「芳名録」を公開するとともに、巡礼の実相を約90点の豊富な資料からたどる。ファン・ゴッホの死後、故人の生涯や作品に強い憧れを抱いた日本の小説家や学者、美術家たちは、オーヴェールにあるガシェ家を訪れ、その記録として「芳名録」に名前を残している。フランスのギメ東洋美術館に所蔵されている3冊の「芳名録」は今回、世界初公開となる。

世界初公開

札幌展「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」は北海道立近代美術館にて、8月26日~10月15日に開催。開館時間は9:30~17:00で、会期中の金曜日は19:30までとなる(入館は閉館の30分前まで)。休館日は月曜日(9月18日、10月9日を除く)、9月19日、10月10日。観覧料は一般1,500円(1,300円)、高大生800円(600円)、中学生600円(400円)、小学生以下無料で要保護者同伴が必要になる(※( )内は前売りと10人以上の団体料金、前売り券は4月4日発売予定)。

続く東京展は東京都美術館にて、10月24日~2018年1月8日に開催。開室時間は9:30~17:30で、会期中の金曜日、11月1日、2日、4日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)。休室日は月曜日(1月8日を除く)、12月31日、1月1日。観覧料は一般1,600円(1,300円)、大学生・専門学校生1,300円(1,100円)、高校生800円(600円)、65歳以上1,000円(800円)(※( )内は前売りと20人以上の団体料金、中学生以下は無料)。

京都展は京都国立近代美術館にて、2018年1月20日~3月4日に開催。開館時間は9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)。休館日は月曜日(2月12日を除く)、2月13日。観覧料は一般1,500円(1,300円)、大学生1,100円(900円)、高校生600円(400円)(※( )内は前売りと20人以上の団体料金、中学生以下は無料)。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事