サウジ国王、孫ソフトバンク社長ときょう面会=関係筋

(c) ロイター

[東京 14日 ロイター] - 46年ぶりに日本を訪れているサウジアラビアのサルマン国王が14日にソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長と面会することが分かった。関係筋が明らかにした。

サウジアラビアとソフトバンクグループは、世界規模でテクノロジー分野に投資するファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の設立で合意している。投資資金は1000億ドル(約10兆円)規模とみられ、サウジの脱原油政策を推進する巨大ファンドとなる。ソフトバンクはファンドの投資先企業との提携を通じ、グローバル戦略の加速を目指す。


本記事は「ロイター」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事