ドコモ、LPWA通信を用いたIoTサービスを実現する実証実験環境を提供

NTTドコモは3月13日、低消費電力で多接続を実現するLPWAネットワークを活用した新たなIoTサービスを法人企業がトライアルで提供できる「ドコモIoT/LPWA実証実験環境」を構築し、2017年4月より提供すると発表した。

「ドコモIoT/LPWA実証実験環境」は、「LPWAネットワーク」、センサーなどの「IoT機器」、IoT機器からの情報を管理する「クラウドサーバ」をドコモが構築し、トライアル環境として提供するというもの。

実証環境のイメージ

加えて、これらの構成に必要な無線技術の方式の選定やシステム構成等の「コンサルティング」や「運用サポート」も提供する。

まずは、LPWAネットワークの1つである「LoRa」のトライアル環境を提供し、その他のLPWAネットワークの環境の提供も今後行う予定。

提供期間は2017年4月~2017年9月末(予定)で、最適なLPWA通信環境の構築支援、取得したデータをLPWAで収集/可視化するサービスの有用性の検証などを行う。

同社は2016年11月より、LPWAの検証を実施。センサー網用無線としてLoRaに対応し、公衆網用無線として3G/LTE(カテゴリー1、カテゴリーM1)に対応したIoTゲートウェイを開発し、センサー網におけるLPWAを用いた低消費電力・長距離通信・大量機器接続の可能性、公衆網における低カテゴリLTE通信の有用性・実現性について確認しているという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事