Apple向けの生産を100%再生可能エネルギーで賄う - イビデンが声明

Appleは、部品メーカーであるイビデンが、今後、Apple向けの生産を100%再生可能エネルギーで賄っていくことを明らかにした。この取り組みは日本で最初の企業となる模様で、Appleと日本にとって新たなマイルストーンとなる。

イビデンのプロジェクトは、Apple向け製品の生産に必要なエネルギーを上回る電力を生み出すという

イビデンの製品は、Appleのデバイスの中にある半導体パッケージに使われている。Appleはサプライヤー各社がクリーンエネルギーに移行することを継続して支援しているが、イビデンの今回の声明は、新たな試金石となることだろう。

イビデンは、20以上の再生可能エネルギー施設に投資することをアナウンスしており、この中には国内最大級の水上太陽光発電システムが含まれている。最先端の水上システムは、日本の国土を最も有効に活用するため、かつて貯木場であった場所に建設される。イビデンのプロジェクトは、同社のApple向け生産に必要なエネルギーより大きい12MWを超える太陽エネルギーを発電し、日本に於けるCO2排出削減に向けた取り組みをサポートしていく。

Appleは、世界中のパートナーがエネルギー使用を削減し、高品質の再生可能エネルギープロジェクトを構築するのを支援している。写真は名古屋近郊の太陽光発電施設

Appleは、環境保護に向け、これまでも重要な行動をとってきた。化石燃料からクリーンエネルギーへの移行はその最たるもので、今日、Appleは23カ国での操業を100%、全世界で見ても93%の操業を再生可能エネルギーで行っている。Appleとその製造パートナー各社を合わせると、2018年末までに年間25億キロワット時以上のクリーンエネルギーがApple製品の製造のために発電されることになるようだが、これは年間で40万台以上の自動車を道路上から削減するのと同様の効果があるという。

米AppleのNEWSROOMより。2018年末までに年間25億キロワット時以上のクリーンエネルギーがApple製品の製造のために発電される

今回の発表について、Appleの環境、政策および社会的イニシアティブ担当バイスプレジデント、リサ・ジャクソン氏は「再生可能エネルギーへの投資が環境とビジネスの双方に良いことを認識しておられるイビデンのようなサプライヤーとパートナーシップを組むことを誇りに思っています。当社はグローバル事業を100%再生可能エネルギーで行うべく日々努力していますが、その中で、製造パートナーも同じように、よりクリーンなエネルギー源にシフトするようお手伝いをし、他社が後に続くように手本を示すことはこれまで以上に重要になってきています」と述べている。

また、イビデンの社長兼CEO・竹中裕紀氏は「これらの革新的なクリーンエネルギー投資は、社会的に責任ある経営を経済的に行うことへの当社のコミットメントを示すものです。当社の製品はAppleのデバイスがよりスマートに動作するのに役立っていますが、これからは当社の操業自体もよりスマートなエネルギーで行うことになります。Appleとパートナーシップを組み、日本のクリーンエネルギー目標の達成に向けて先頭に立って協力をすることは私たちの喜びです」とコメントしている。

人気記事

一覧

新着記事