任天堂株が4日続伸、「スイッチ」の販売好調を材料視

(c) ロイター

[東京 8日 ロイター] - 東京株式市場では8日、任天堂<7974.T>株が4日続伸。ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は7日、任天堂が3日に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の国内推定販売台数が発売から3日間で33万0637台になったと発表した。

順調な出足を好感する買いが先行した。

スイッチの価格は2万9980円。本体には液晶画面がついており、据え置き型ゲーム機としても、ドックから取り外して携帯ゲーム機としても遊べるのが特徴。2つのコントローラーは本体から着脱可能で、複数人で遊ぶこともできる。

発売と同時に人気ゲーム「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」など8タイトルを投入。夏に「スプラトゥーン2」を、冬に「スーパーマリオ オデッセイ」を発売する。現在、ソフトメーカー各社が80タイトル以上を開発中という。


本記事は「ロイター」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事